YouTubeチャンネルテーマの決め方/ゼロベースで細かいところにまでこだわる

準備編

『あなたの知識と経験を活かしましょう。
趣味や興味のあることでもいいですね。』

そう言われても、あまりに漠然としすぎていて困ってしまいますよね。

そもそも自分が何に興味があるのかわからない……なんてこともあるでしょう。私がまさしくそんな感じでした。

それでもテーマ決めはYouTubeの成否を決める上で最も重要な部分です。これだけは必死になって考えて下さい。少しくらい時間をかけてもかまいません。

以下に少しでもあなたの手助けになるように、テーマの決め方のヒントを書いてみました。

スポンサーリンク

テーマ・ジャンルの決め方

とにかく興味のあるテーマを探す

テーマによって再生数が伸びやすいジャンルと伸びにくいジャンルがあります。こればかりは母数の違いなのでどうしようもありません。

だったら人気のジャンルにしよう!

と思ってしまいがちなのですが、これは絶対にダメです。

と言うのもYouTubeは始めるのは簡単でも(いや、私は大変だったよ(~_~;))定期的に投稿を続けるのがとても難しい媒体なのです。一説には9割の人が脱落するとかしないとか。

好きで始めても長続きしないのに、人気のジャンルだからとあまり興味のないテーマを選んでしまうと、必ず途中で続けるのが辛くなってしまいます。

極端な話、再生数はテクニックで後から伸ばすこともできます。

けれど、興味がないことを発信し続けるのは、もはや修行のようなものでしょう。

とにかく自分と向き合って、興味あることをひとつずつ探して行きましょう。たとえばこんな感じです。

  • とにかく紙に書き出す
  • 他の人のやっていることを参考にする
  • 第三者に自分を評価してもらう
  • 2時間話し続けられるものを探す

もう少し詳しく説明します。

紙に書き出す

まずは自分の知識、経験、そして興味のあることを紙に書き出してリストアップしましょう。

頭の中で思いついたことをあれこれこねくり回していても、考えが堂々巡りするばかりです。紙に書き出してみることで頭の中がすっきりし、そこから思わぬ発見が生まれることもあります。

他の人のやっていることを参考にする

YouTubeでもブログでもInstagramでも何でもいいです。よく見ているアカウントはありませんか。

いつも見ているということは、そのアカウントに興味があるということです。自分ではそうと気づかないうちに、新しい趣味の世界を見つけ出そうとしているのかもしれません。

こういうYouTubeチャンネル作りたいな、という憧れでも構いません。それがあなたの興味・関心事なのかもしれません。

第三者に自分を評価してもらう

家族や友人など身近な人に、自分のことをたずねてみましょう。

何に詳しいか、何が得意か、何をしている時が楽しそうか、何の話が好きか……。そういった何気ないところに、あなたの知識や経験が隠れているかもしれません。

自分のことは自分が一番良く知っていると思いがちですが、余計なフィルターがない分、他人からの評価のほうが案外あてになったりするものです。

2時間話し続けられるものを探す

これはよく言われることですが「誰かに向かって2時間話し続けられる」話題があったなら、それがあなたの知識や興味の素となるものかもしれません。

2時間なんて長時間、普通は話し続けられません。

私だったら……、そうですね、YouTube界隈の話しならいけそうです。もはや病気かも(笑)

まとめ

どうでしょう。あなたの興味・関心、あるいは知識や経験が活かせそうなジャンルは見つかりましたか。

もしもまだ迷いがあるようでしたら、ここでひとつだけ付け加えさせて下さい。

先ほど「再生数は後から伸ばすことができる」と言いました。これは嘘ではありません。けれど母数が多いほうが伸ばしやすいこともまた事実です。

なのでターゲットユーザーや市場のニーズなども多少なりとも考慮した上でテーマを決めると、今後のチャンネル運営がさらに楽しくなるはずです。

テーマを決めるのは難しいことではありますが、ここには未来に向かってのワクワクも詰まっています。

楽しいチャンネル運営をイメージしながら、ぜひ頑張って下さい。

タイトルとURLをコピーしました